スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOO GOO DOLLS

GOO GOO DOLLS聴いてたんだけど、

やっぱり

カッケ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

俺ん中では初期から「A BOY NAMED GOO」までが最強。
これ以降はちぃっとぬるすぎる。
熱いロックが聴きたいならこのアルバムまでだな。
まあもちろん、これ以降のアルバムも全部いいアルバムだとは思うけど。
でもね、うん、純粋にイイ曲だなぁって思うけど、熱さが足りないんだよ最近のGOOは。

まあ何はともあれ言いたいことは、
「シンプルなロック。これ最強。」
って事ですよ。

んでもって、みんなGOO GOO DOLLS聴こうぜっていう話ですよ(・∀・)。
スポンサーサイト

この間のスタジオ

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

勝手に曲紹介 その②

前回の続き。

・「KIT」
メリハリ、静と動を意識して構成を考えた曲。
この曲は構成が決まるまで結構二転三転しまくった。
ギターソロ終わったあと、Bメロからの流れがカッコいい。


・「TRICK or TREAT」
俺が昔作った言葉遊び的な詞に、キャズが基本となる曲を作り、それに俺がちょっとしたBメロと間奏を付け足した。
TIME×21同様疾走感溢れるシンプルなロック。
Bメロと間奏でワンクッションなっている所がカッコいいと我ながら思うんだがどうか。


・「MUSICMAN」
イントロの「ダッ ダッ ダダダッ ダダダッダッダ」っていうよくあるドラムのリズムから始まる曲を作りたい、っていうただそれだけの俺のアイデアからみんなで発展さしていって作った曲。
基本D、G、Aの3つしかコードを使っていない、これぞまさに3コードシンプルロックンロール。
シンプルが(・∀・)イイ!!


・「見えない銃」
俺が昔作った詞に、ベースのまーさんがメロを含め曲を作った。
まーさんが作ったデモからかなり構成とかアレンジが変わっていて、最早デモの時の原型はほとんど無い(笑)。
歌詞も最初の頃から大幅に変わった。
「昔に~」以上に哀愁漂うメロディーが泣ける。
詞を頑張って作ったという事もあり、メロの良さとも相まって個人的に結構お気に入りの一曲。


・「Stanch Mind」
俺がまだバンドを組んでいないだいぶ昔に、「英単語からコード進行を考えよう」っていう発想から、英語辞書片手に作った曲。
その曲にキャズがメロディーをつけなおして一部分コードもちょっと変えた。
ちなみに使った英単語とは「BADGE=バッジ」。
イントロのリフはまんまこの進行で、曲全体もこの5個のコードのみで構成されてる。
遊び的な発想から出来た進行なのに、何気に結構カッコいいリフになった事が自分自身驚きの曲(笑)。


まあとりあえず今あるオリジナル10曲紹介してみましたー。

全体的に、誰かしらが持ってきた断片的なアイデアor曲(イントロ、Aメロ、サビとか)に、みんなで肉付けしていくって作業が多いです。
んで「ここでソロかな~」とか「もっかいイントロ戻った方がいいんじゃね」とかって感じで、構成をだいたいみんなで考える。
んでアレンジは「こうした方がいいんじゃない?」くらいは言うけど、基本パート各々で好き好きやってます。


まあこんな感じで曲作っているMyバンド。
無理な押し付けも無いし、断片的なアイデアだけでも色々みんながアイデア出してくれるしで、曲作りが楽しいバンドです。

勝手に曲紹介 その①

よくアルバムのライナーノーツとかに、バンド自身による曲紹介ってのを見ると思うんだけど、別にアルバム作ったわけでも無いのにふと俺もちょっとそんなのをやってみた。
まあただの自己満足です(笑)。
まあライブん時にふと「ああ、この曲か」とか思ってくれたらこれ幸い(まあ題名と曲が一致してる人なんてほとんど居ないと思うけど…苦笑)。
っていうかそろそろCDとか作りたいなぁとは思ってるんだけど、なかなかね…。
サーセン、頑張ります。

まあんなわけで、作った順に、どうぞ。

・「UNDER COLOR」
ボーカルキャズが昔組んでいたバンドでやっていた曲を、JS-Q風にアレンジしなおした曲。
キャッチーなメロが良いです。
ライブではオープニングナンバーとしてもラスト締めの曲としても使える、オールラウンダー。


・「PROGRAM STREET」
上記「UNDER COLOR」と同じ、キャズが昔組んでいたバンドでやっていた曲をアレンジしなおしたもの。
シャッフルのリズムがノリ良いポップな曲。
JS-Qの中で一番ポップな曲。


・「TIME×21」
言うならばこっからが完全なるJS-Qオリジナル。
疾走感溢れるシンプルなロック。
うちらの曲で一番速い(BPM=195くらい)。
約2分間、ノンストップで駆け抜けろ!(笑)


・「昔に戻りたいなんて言うな」
哀愁漂うメロに対して、曲はゴリゴリのロックアレンジっていう曲。
これ速度落としてアコギ一本とかで弾いたらわりとバラードっぽくなると思う。
言うならばロックバラードな曲。
キャズのメロディーセンスが冴える。
ちなみにこの曲はひたすらカッティングの嵐なので、弾いてて腕がパンパンになります(笑)。


・「ONE NIGHT」
俺の友人とかの間では一番人気が高く、オリジナルの中でも一番完成度が高いなと思う曲。
キャズのシャウトがやばい。
あとギターソロがシンプルながら曲にマッチしてて、我ながらカッコいいと思う。
ちなみにこの頃から、みんな慣れてきたのか意見を出し合うことが多くなり、以降「バンドで曲を作る」っていう感じが強くなる。


5曲半分紹介したところで、続きはまた次回。

バンドをやるという事について考える

と、本題に入る前に。
直接俺に関係あるわけではないんだが、今日は俺たちJS-Qにとっておめでたい日だったりする。
俺個人の話では無いのでここでは詳しくは書かないが。


まあその話は置いておいて本題。
ここ最近色々とバンドってものについて考えたり友達と話したりして思うのだが、正直バンドってやつは趣味としてやるにはかなりハードルが高いよなーと思う。
バンドって一人でやるものでは無いし、かといってとりあえず人が居ればいいってものでも無い。
各々パート別で決められた役割があり、例えば練習がある時に用事とかあって来れなくて一人居ないだけでも、残された面子でそうそう穴埋めできるものでは無い。
言うならばちょっと仕事に近い。
そして別にスタジオにこもってやってるだけなら別に自己満足でいいが、人前で金を取ってライブとかをやる以上、そうはいかない。
ちゃんとその為に日々の練習やら、定期的にメンバーで集まっての練習はしなきゃならんし、ずっと同じ事をやってても飽きるから、新しい曲を覚えたり曲を作ったりなんやかんや…って感じで、正直大変だ。

他にも趣味があってそれの片手間に…、ではやれないと思う。
バンドが生活の中の優先順位でわりと上位に位置していないと、無理だろうなぁって。

俺は仕事とかを含めまだ比較的暇な方なので全然余裕だが、他メンバーはホントスゴイと思う。
忙しい中バンドの為に時間をなんとかして作ってるなぁっていうのを感じるし、ホント好きじゃなきゃやれないよなぁと思う。
だからそういう意味ではホントいいメンバーに巡り合えたなと思うし、頭上がらないです。

まあんなわけでメンバーのみんな、これからもいっちょよろしくお願いします。

別に特になんかあったとかじゃないけど、ふと思ったのでちょっと書いてみました(笑)。

THE BLACK CROWES「Three Snakes and One Charm」

いつも俺は飯作る時に音楽をかけているのですが(あ、ちなみに今はカボチャの煮物ができるまでの時間つぶしで書いてます・笑)、今日のBGMはTHE BLACK CROWESです。

やばいです、クロウズ。カッチョいいです。
とにかく一言、渋い。

今流れてるのは4thアルバム「Three Snakes and One Charm」なんだけど、昔あんまりこのアルバムはそんな好きじゃなかったんだけど、最近気に入ってます。
クロウズは割と聴けば聴くほど味が出てくるタイプのバンドなんだけど、このアルバムはもっともスルメかもしれない(実際他色々見てみると、よくそういう意見を見かけるし)。
そんなわけでクロウズ、聴けば聴くほど「いいなぁ」って思えてくる。

やっぱ俺クロウズ好きだなぁ。

そしてピストルズを俺は基本ロックンロールだと思っているんだけど、このクロウズもまさにロックンロール。
パッと聴いた感じ全然違う感じだが、両バンドとも根底にはロックンロールがある。
やっぱ俺はロックンロールが好きなんだなぁと実感した。


>今日のおまけ
このアルバム収録曲から一曲、好きな曲置いておきます
Let Me Share The Ride

Motley Crue「Decade of Decadence」

久々になんだかモトリークルーが聴きたくなったので、ベスト聴いてます。
やっぱなんだかんだこういうハードロックはカッコいいね。

んでこのアルバムにはピストルズの「Anarchy In The U.K.」のカバーが収録されてるんだけど、そういや昔パンクに興味が無く、まだHR/HMしか聴いてなかった時、このカバー聴いて純粋にカッコいい曲だなぁって思ってた記憶がある。
他のモトリーのオリジナルももちろんいいんだけど、この曲がスゴイ気にいって、こればっか聴いてた覚えがある。
んでそれの元になったのを聴いてみようって事で、それがピストルズ聴こうと思ったきっかけだったような…。
なんかそう考えるとちょっと感慨深いね(笑)。

んで今思うと、この頃から俺はピストルズとかパンクを好きになる要素を持ってたんだなぁと。
俺が今こうしてパンク好きなのは運命なんだな(笑)。

The Brilliant Greenコンプリート!

ブリグリのオリジナルアルバムが4枚全部揃いました。
しかも全部同じブックオフ店舗で、行く度に前回には無かったやつが売りに出されているという超幸運(笑)。
昔ベスト買おうと思ってた時あったんだけど、各々250円=全部で1000円で、ベストの3分の1くらいの値段でベストどころかアルバム全部揃えることができたので、かなりお買い得でした。
ブックオフも捨てたもんじゃねーぜ(笑)。

ってなわけで、全部のアルバムを一通り聴いた感じ、まあ全部いいと思うけど、2枚目の「Terra2001」が一番お気に入り。
ハードな曲とポップな曲のバランスもいいと思うし、いい曲ぞろいだなと純粋に思う。
このアルバムはよく聴きます。

さてさて、んなわけでブリグリも全部揃ったし、トミー・フェブラリーの方はまああんま好きじゃないんでボチボチ集めてくとして、今度はトミー・ヘブンリーでも集めようかな。

TOWER OF POWER「T.O.P.」

久々にふと聴きたくなったので聴いてます。
この手の音楽はあまり聴かないんだけど、久々に聴くとやっぱりカッコいいね。
ファンキーでノリノリですな。

まあ俺が好きなのは基本ロックかポップス系なので、ファンク系はこれ含め数枚しか持ってないんだけど、このアルバムはファンクっていうより普通のポップスっぽい感じで、結構ちょくちょく聴くし好きな一枚だったりする。

んなわけで、俺がTOPを聴くようになったきっかけの曲を置いておきます。
ファンキーでノリノリですよ。
Soul with a capital S

あともう一曲、このアルバムの中でも唯一のギターソロがあって好きな曲置いておきますよ。
なかなかカッコいいソロです。
曲もいいです。
I Like Your Style

ライブ決定

早速次回ライブが決定しました。
5月16日の土曜日。
場所は毎度おなじみの蒲生のライブハウスオリオンです。
前回の流れでそのまま行くかって勢いと、オリオンの4周年アニバーサリーライブって事で、せっかくなので参戦させてもらう事にした。

実際前回のライブはかなり盛り上がったと思うが、かなりノリがいい客が多かったので、盛り上がったことの半分はお客さんの力だと思っている。
俺は調子乗るタイプで、客が盛り上がってるとそれにツラレ盛り上がるタイプなので、それではいかんのだ。
客の力で盛り上がってるようじゃ駄目なのだ。
俺らが客を盛り上げなきゃいかん。

だから今回は客のノリどうこうに関わらず、本当に俺らJS-Qにあれだけ盛り上げる力があるかどうか、ってのを試したいななんて個人的に思ってる。
客に飲まれちゃ駄目なんだ。
俺らが客を飲まないと。

AC/DC

今聴いてます。
ただ一言、カッコいい。てか渋い。
曲のスピード自体は速くないけど、ノレる。
まさにロックンロールってやつだな。
こういう曲もやりたいなぁと思う今日この頃。

とりあえずいつかは俺もアンガス・ヤングばりのソロが弾けるようになりたいなぁ。
同じSGを使ってる身として。
うん、まあそうそう無理かな(笑)
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。