スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休の食生活

さて、今日から連休です。
今日は連休初日から頭痛が酷くて昼過ぎからずっと寝ていました(笑)。
てかまだ痛いし…。やれやれだぜ。

まあそれは置いておいて、今日の本題。
連休の食生活について。

いつも連休になると食生活に困る。
普段は
・朝→昨晩の夕飯の時あまったご飯1杯と納豆とか
・昼→会社で弁当頼む
・夜→仕事帰りに二日分食材買って、二日間同じものを自炊
だいたいこんなパターンなので、結構規則正しく食べているのだが、連休入ると途端に崩れる。
まあ朝飯はいいとして、普段は弁当だから気にしていない昼の分も気にしたりしなきゃならんしね。
ってか基本用事無ければ家出たくない引きこもりなので、わざわざ飯だけ買いに行くのに外出るの面倒。

まあってなわけで、連休になると食生活が悩みの種になる俺でした。
まあたいてい連休なると友達集まって飯とか食うので、そん時余った食材で食いつないだり、夕飯だけ食べに連続で実家行ったり、なんやかんやで凌いでおります。


今日の一曲
WARRANT 「Glimmer」
スポンサーサイト

ライブが決まっていたりする

てなわけで、6月13日にライブ決まりました。
場所は毎度おなじみの蒲生オリオン。
いい加減違うところでもやりたいなと思っちゃいるのですが、まあ今回はイベントなので。
以前ライブ見に行った時に知り合った人に誘われました。

で、俺の紹介で「~駆~」っていう何度かこのブログでも名前が出ているユニットも一緒にやる事になり、こりゃ楽しみ。
駆はアコギ二人だけどアコースティックパンクって感じでカッコよくて、個人的に結構好きで、キャラも良い人達なので、いつか対バンしたいなと思っていたのです。
主催の人もかなりカッコよいバンドで、こりゃ今回かなりレベル高いイベントなりそうだなーって感じで、今から気合入れて頑張らなきゃな、ってな感じです。

よし。
ギター練習すっか。


今日の一曲
MEJA 「Hippies In The 60's」

JUMPING S-QUALITYのテーマ

この前のスタジオ。
予定通り、新曲作りと行きました。

あーだこーだとやって、約2時間程で8割方は完成しましたよっと。
さすがだよな俺たち(笑)。
まあ構成含め元のアイデアが良かったから、ほとんど手直しするところが無かったからってのは大きい。
相変わらずキャズのソングライティング能力は高い。

で、曲はJS-Qお馴染み、相変わらずのシンプルなロックだが、要所要所今までのJS-Qには無いような試みもあって、いい感じ。
スタジオで録音したやつをずっと聴いてるが、キャッチーでノリ良く、無茶苦茶カッコ良いね。
ボーカルの経験もある、ウラビーのコーラスがかなりいい味出してます(・∀・)b。

ここに来て、また最高な曲が一つ産まれた。
さすがだよな俺たち(笑)。
やっぱりJUMPING S-QUALITYは最高だ。

とにかく今までの曲の中でも、トップを競うくらい超キャッチー。
サビではみんなで飛びまくって跳ねまくって暴れまくれるような、そんな曲。

次回のライブにはお披露目できると思います。

てなわけで、次回ライブはみんなも一緒に、JUMPしようぜ!(・∀・)


ただ今のBGM
JUMPING S-QUALITY 「Keep on JUMPING!(仮)」

ケミストリーに期待

さて、明日は久方ぶりのスタジオ。
前々から作りたいねっていう話をしていた、「ライブでみんなでジャンプして盛り上がれるような曲」の大元アイデアをボーカルのキャズが作ったらしいので、それを元にみんなで曲を作る予定。
ちなみにドラムがウラビーに変わってからの初めての曲作りでもあるので、どんな新しいケミストリーが産まれるか。
それも楽しみである。

さて、どうなることやら…


今日の一曲
GOO GOO DOLLS 「Naked」

やっべ、ギター楽しい

今日もがっつりギター弾いた。

やべぇな、なんかここ最近ギター弾くの楽しいぞ(まあ別にやばくは無いんだが)。
さて、これがどこまで持つのか…(笑)。


今日の一曲
AMERICAN HI-FI 「Built for Speed」

指が痛い

連日のギター練習によって、指が痛い。
てか指痛いとかって久々だな。

もう指先はだいぶ出来上がってると思っていたが…、まだまだのようだ。
頑張ろう、俺。


今日の一曲
BLiSTAR 「Necessity」

どれだけ時が過ぎても良いものは良い

NEW YORK DOLLSのライブDVDを見ていたのだが、やっぱりカッコイイ。
しかしこれで30年以上前ってどうよ。
曲ももちろんだが、ルックスも、パフォーマンスもまったく古さを感じさせないよな。
まあドールズは、ルックスはカッコイイというより奇抜なんだが(笑)。
ピストルズなんかは、ルックスも全然今に通じるくらいカッコイイよね。

で、ロックん中でも俺が特に好きなのは、この頃の70年代初期パンクとそれに影響を与えたロックンロールバンド達なのだが、これらって俺が生まれる前にはもうすでに存在していたんだよな。
俺が産まれた時にはもうすでに俺が好きなロックは完成していたわけで。
そう考えるとすごいな。

別に懐古主義というわけでは無いが、やはり良いものはどれだけ時が過ぎてもカッコ良いし、素晴らしい。


>おまけ
今日の一曲
NEW YORK DOLLS 「JET BOY」
http://www.youtube.com/watch?v=_Y8-CBXfzhE

最高のソングライターの一人。異論は認めない。

本来はロックの曲だが、アコースティックで聴いてもいい曲、っていうのがホントにいい曲っていうのはよく聴く話だが。
そう考えると、やはりグレン・マトロック(ピストルズの初代ベーシストで、メインソングライター)は最高のソングライターの一人だと思う。
異論は認めない。


SEX PISTOLS 「Pretty Vacant」
http://www.youtube.com/watch?v=3PeJhLe9mD4&feature=related

THE RICH KIDS 「Ghosts of Princes In Towers」
http://www.youtube.com/watch?v=SpQNI1ntWKk&feature=related


今日の一曲
改め
ただ今のBGM
Glen Matlock 「Ghosts of Princes In Towers」

カッコ良すぎるだろ、常識的に考えて…

たまたま見つけた、俺の好きなCHEAP TRICKとAC/DCの共演らしいのだが…

http://www.youtube.com/watch?v=iOaGNU4aPS0&feature=related


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      カッコ良すぎるだろ、常識的に考えて…
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


やっぱロックンロール最高だぜ!!

ロックンロールの基本が凝縮されている

昨日の話の続きになるが。

ここ最近主に練習しているのはピストルズです。
バッキングだけなら基本余裕だが、オブリとかソロ、単音フレーズが、微妙に細かくてめんどくせぇなぁって感じで今までちゃんとやっていなかったところもままあるので、それをやってるわけなんですね。
まあとは言ってもそこはパンクなので、たいして難しくは無いのですが(笑)。

しかしやっぱり思うのが、ピストルズ(まあピストルズに限らずだけど、初期パンク系統)はほんとロックンロールギターの基本が凝縮されているなぁということ。
とりあえずピストルズの曲を完璧に弾けるようになったならば、だいぶロックンロールをやる上での基本は出来上がるんじゃなかろうか。
そっから応用編というか、色々難しいのをやっていったらいいんじゃないだろうか、と。

まあ俺がピストルズ大好きだからってのもあるが、基本簡単だし、やっぱりピストルズは弾いてると楽しい(・∀・)。
今からギターやろうと思っていたりする人にもお勧めですよ(笑)。


今日の一曲
DANGER DANGER 「Cherry Cherry」

今日も僕は頑張るのです

ここ最近は結構ギターを弾きまくってます。

なにをやってるかっていうと、細かくって昔弾けなかった、というか「まあいいか」って感じで適当に弾いていたような部分を、最近ちゃんと弾く練習をしているのです。
もっと具体的に言うならば、単音フレーズ系を特に。
俺はやっぱりどうも単音フレーズ系が苦手なので、そこらを重点にやってるわけですよ。

で、なかなかこれが楽しい。
ひたすらひたすら同じフレーズの繰り返しの反復練習が主なのだが、なんか楽しい。
昔だったらイライラして「もういいや」ってすぐに投げ出していた所だが、さすがにギターという楽器にも慣れて来ているからか、そんなイライラはしないし、逆にやればやっただけ弾ける感じになっていくのが楽しい。

暴れまくる荒い弾き方が俺のギタースタイルではあるが、こういう下地っていうか、自力があってこそだからね。
俺の目指すところは、パフォーマンスもカッコイイが演奏も巧いっていうものなので(今は演奏がグダグダすぎる´・ω・`)、今日も僕は地道な練習を頑張るのです。


今日の一曲
Michelle Branch 「Tuesday Morning」

WARRANT 「Born Again」

さて、久々のこのコーナー。

80年代L.A.メタルが好きな人ならきっと知ってる、WARRANTの2006年に出たアルバムの紹介だ。

興味はあったのだが、ボーカルが変わってしまったとの事でずっとスルーしてきたのだが、つい最近再販で安くなってた(ちなみに700円!安い!)のでこれを機会に買ってみた。

で、感想ですが、とりあえず一言、いいね、です(・∀・)。
また一つ買って良かったアルバムに追加ですよ(笑)。

これぞまさに俺が聴きたかったWARRANT。
「WARRANT帰ってきたな」って感じです。
初期の頃のキャッチーさそのままに、中~後期のヘヴィ&ダークさを程よくブレンドした感じで、かなりいい感じ。
まあボーカルが違うのはちょっと残念ではあるし、これならオリジナルボーカルのJani Laneも辞めなくてもいいのになーと思うけど、この新しいボーカルも結構好みの声なので、全然よし(でもなんかホームページ見たらまた新しくボーカル変わってたが…)。

そんなこんなで、ここ最近はわりとこのアルバムがヘヴィーローテ中。
出るのかどうかはわからんが、この感じならいつか出るであろうニューアルバムも楽しみである。


しかし音楽ってやつは、どんだけ色々聴こうがこうやって「いいな」と思えるものに出会えるから素敵だね(まあ音楽に限った事じゃないが)。
その時の気分とか好みの変化によってもまた変わるし。
やっぱ音楽はやめらんないねぇ!(笑)


今日の一曲
WARRANT 「Hell, CA」
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。