スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Glen Matlock 「Who's He Think He is When He's at Home?」

ピストルズのベーシスト、グレン・マトロックのソロアルバム「Who's He Think He is When He's at Home?」というアルバム(題名長いなーw)が中古CD屋で売ってたから買ってみたよ。
しかも3枚以上買うと割引とかいう日で、他のは10%引きだったのに、このアルバムだけ30%引きで500円でお釣りが来るという、かなりお買い得でしたw。
これだから中古CD屋めぐりはやめられないんだなーw。

んで、内容の方はというと、やっぱりグレンの作る曲はいいね。
俺はRICH KIDSも好きなので。
やっぱいいわ、こういうキャッチーなロック。

まあでもピストルズとは違ってマトロックのみによる曲ばっかなので、癖が無い当たり障りのない感じのパワーポップでずっと聴いてるとちょっと飽きてくるんだけどw。
ピストルズは何が良かったって、曲だけ聴くとすげぇキャッチーなグレンの作る曲に、スティーブのアグレッシブなギタープレイとポールのタイトなドラム、ロットンの癖ありまくりの独特なボーカルが乗ることによって、無茶苦茶カッコよくなってるとこなんだよな。

まあなにはともあれ、ピストルズのサウンドのカッコよさの大部分を占めているグレンの素晴らしさを実感できるという意味でも、純粋にキャッチーなロックとしても、いいアルバムです。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。