スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に曲紹介 その②

前回の続き。

・「KIT」
メリハリ、静と動を意識して構成を考えた曲。
この曲は構成が決まるまで結構二転三転しまくった。
ギターソロ終わったあと、Bメロからの流れがカッコいい。


・「TRICK or TREAT」
俺が昔作った言葉遊び的な詞に、キャズが基本となる曲を作り、それに俺がちょっとしたBメロと間奏を付け足した。
TIME×21同様疾走感溢れるシンプルなロック。
Bメロと間奏でワンクッションなっている所がカッコいいと我ながら思うんだがどうか。


・「MUSICMAN」
イントロの「ダッ ダッ ダダダッ ダダダッダッダ」っていうよくあるドラムのリズムから始まる曲を作りたい、っていうただそれだけの俺のアイデアからみんなで発展さしていって作った曲。
基本D、G、Aの3つしかコードを使っていない、これぞまさに3コードシンプルロックンロール。
シンプルが(・∀・)イイ!!


・「見えない銃」
俺が昔作った詞に、ベースのまーさんがメロを含め曲を作った。
まーさんが作ったデモからかなり構成とかアレンジが変わっていて、最早デモの時の原型はほとんど無い(笑)。
歌詞も最初の頃から大幅に変わった。
「昔に~」以上に哀愁漂うメロディーが泣ける。
詞を頑張って作ったという事もあり、メロの良さとも相まって個人的に結構お気に入りの一曲。


・「Stanch Mind」
俺がまだバンドを組んでいないだいぶ昔に、「英単語からコード進行を考えよう」っていう発想から、英語辞書片手に作った曲。
その曲にキャズがメロディーをつけなおして一部分コードもちょっと変えた。
ちなみに使った英単語とは「BADGE=バッジ」。
イントロのリフはまんまこの進行で、曲全体もこの5個のコードのみで構成されてる。
遊び的な発想から出来た進行なのに、何気に結構カッコいいリフになった事が自分自身驚きの曲(笑)。


まあとりあえず今あるオリジナル10曲紹介してみましたー。

全体的に、誰かしらが持ってきた断片的なアイデアor曲(イントロ、Aメロ、サビとか)に、みんなで肉付けしていくって作業が多いです。
んで「ここでソロかな~」とか「もっかいイントロ戻った方がいいんじゃね」とかって感じで、構成をだいたいみんなで考える。
んでアレンジは「こうした方がいいんじゃない?」くらいは言うけど、基本パート各々で好き好きやってます。


まあこんな感じで曲作っているMyバンド。
無理な押し付けも無いし、断片的なアイデアだけでも色々みんながアイデア出してくれるしで、曲作りが楽しいバンドです。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。