スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドとしての音作り

前回ライブをやった時に、いつもお世話になってるライブハウスのオーナーさんから、「バンドとしての〝出したい音〟ってのをもっと考えるようにした方がいい」と言われてから、個人的な音作りでは無く、バンドとしての音作りってやつを、個人的にはもちろん、メンバー一丸となって意識して考えるようになった。
ボーカル単体で聴いた時、ギター単体で聴いた時、ベース単体で聴いた時、ドラム単体で聴いた時にそれがたとえ良い音だったとしても、バンドとしてまとめて聴いた時に、まとまりが無く、ちぐはぐな音だったら意味が無いわけだ。
一例として具体的に言うと、バンドとして、音圧重視で重めにいくのか、聴きやすく軽めでいくのか、そういった事を考えるようになったという事。

むしろこういった事て、他のバンドはもっと結成段階からみんなちゃんと考えてるもんなのかな?
むしろ俺らは今さらだったりして(笑)。

まあなんにせよ、JUMPING S-QUALITYもそろそろ結成して丸二年になる。
こうやってより良いバンドにしようと試行錯誤することは良い事だし、JUMPING S-QUALITY、まだまだ行きます(・∀・)。


今日の一曲
DEF LEPPARD 「Nine Lives」

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。