スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョにまつわる青春の思い出

高校時代に、ジョジョがすごい好き(らしい)という女の子がいた。

なぜ「らしい」かと言うと、俺はその子とは違うクラスで話した事も無く、友達づてに聞いた情報だったからだ。

見た目的にも個人的に結構好みで、仲良くなりたいなとは思っていた。

クラスは違かったけど部活が同じで、話す機会も無くも無かったし、一度ジョジョについて語れるだろうきっかけもあったのだが(ちなみにその子の好きな部は3部と5部で、好きなキャラクターはナランチャとポルナレフらしい)、その当時女の子と付き合った事も無く、女の子と会話するのもままならなかった俺は、結局その子とまともに話する事もなく、そのまま卒業してしまった。

そしてそれから今に至るまで、結局一度も会う事などは無く、数年前、風の噂で結婚したらしい事を聞いた。


まともに話した事も無いし、別に好きだったとかそんなのでも無いが、あの時ジョジョについて語り合っていたらどうなっていたのだろう。
いや、きっと別にどうもなってはいないだろうが。
でももし仲良くなっていたらどうなっていたのだろう、とふと思う事がよくある。


あの子は今でもジョジョを好きなのだろうか。

今でもコミックスを集めているのだろうか。

それとももういい大人だし、コミックスも処分して、ジョジョを好きだった事ももう忘れてしまっているのだろうか。

会うことも無いだろうが、まだジョジョを好きでいてくれたら嬉しいな。



ジョジョを読むと、ふとあの子の事を思い出す。

そんなジョジョにまつわる、甘酸っぱい青春の思い出。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。