スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音作りの大切さ

今までは誰に聴かせるというわけでも無くギター弾いてたのと、弾く方にだけしか気にしてなくて、あんまり音作りって事を気にして無かったんですよ。
でも最近人に聴かせる事前提で録音して練習してたら、音作りの大切さをすごく実感。
まあベースとかドラムやらのバッキングトラックが無いからというのもあるんだけど、なんか全然CDと音違うんだよね。
巧いギタリストっていうのは「その音を聴くだけで一発で誰かわかる」って言うけど、ホントその通りで、巧いギタリストってのはプレイはもちろんの事、まず音作りからして巧い。
わかりやすい所ではVAN HALENのエディーなんかは最高ですよね。
あのオーバードライブサウンドはなかなか出せないですよ。
まさに王道ハードロックって感じの音。

まあそんなこんなで、最近は音作りってものにも気を使うようになってきました。

しかし気にし出すとホント音作りの世界は奥が深い。
今までは特にギターとかを何本も欲しいだなんて思ってはなかったんだけど、今なら何本も持ってる人の気持ちがちょっとわかるなぁ。
まあでもあんまり金使うの好きじゃない性格なんで、これからもそんな買う事は無いと思うけどねw。

コメントの投稿

非公開コメント

僕はまだまだへにょい音しか作れません、出せません。
最近の記事
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。