スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデン & ティティ

GOING STEADY、現銀杏BOYS峯田和伸が主演という事で、前から興味あった映画「アイデン & ティティ」を今さらで借りてみる。

いやぁ、あんまり期待してなかったんだけど、すげぇおもしろいです
一日で2回観たし。
そして2回とも泣きましたw(俺涙もろいというのもあるんだけど)。

この話、イカ天とかが流行ってる頃の話みたいだけど(俺より大分上の世代だから俺はよく知らんですけど)、そういう時代関係なく、いつの時代にも訴えかけてくる話だと思う。
音楽に限らず、流行ばっか追ってる人とかにはいまいちこの映画観てもピンと来ないだろうし、「なんだかグダグダとよくわからん事悩んでるなぁこいつ」って、主人公に感情移入全く出来無いと思うけど、流行とかそういうのが嫌いな人とかには結構グッと来るもんがあると思う。
あとバンドとかやってる人は特に。

まあ「ロックってなんだ?」って語るわりには、その主人公のバンドのやってる曲はロックか?とか突っ込みはあるけど(まあ曲調はロックじゃないかも知れんけど、やってる事はロックだから良し)、なかなか熱い話です。

話も良いんだけど、なにより主人公を演じる峯田和伸の演技が良いです。
ムッチャ不器用で真っ直ぐに、ロックを愛してそして悩み生きる男を演じてるんだけど、実際峯田の書く歌詞とかやってる事を見ると、峯田自身も素でこんな感じなんだろな~って思う。

あまりGOING STEADYとかはそこまで好きなわけじゃないんだけど、そういうのふまえた上でまたちょっと聴いてみようかなと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。